キャッシングの悩み解決WEB

キャッシングの審査について様々な悩みを解消するWEBサイト。

キャッシング審査のコツ!

このブログではキャッシングについての情報を発信していきたいと思っています! キャッシングの利用を検討している人はもちろん、キャッシングについて興味のある人・ない人にも見て頂きたい情報を取り扱っています。

知っておくと、いつか必ず役に立つ情報だと思いますので、是非、少しだけお付き合い頂ければと思います! キャッシングについて多くの人が悩んでいること、気になっていることというのは、どのようにすれば審査に通過することができるのか、という点だと思います。

実際、審査はコツを押さえれば、簡単に通ることができます。

どのような銀行・貸金業者においても、審査基準は公表されていないので一概にこうすれば審査に通るという方法はないのですが、それでも、審査を通りやすくするためにとるべき施策・方法・ノウハウのようなものはあります。

ですからこのブログで得た情報、ノウハウをもとにキャッシングの審査へ申し込みをすれば、審査通過の確率が格段に向上することでしょう。 今はキャッシングを利用する予定の無い人も、毎日の生活の中で突如一時的な支出が必要になるイベントが発生する可能性は多いにありますから、豆知識としてキャッシングの審査について知っておくことも大変有意義なことです。

知っておいて損はない情報をお届けしますから是非、参考にしてみてくださいね。



キャッシング審査通過のポイント1  虚偽の申告はしない!

これは当たり前のことなのですが、どのような銀行、どのような金融機関から借りる際にも「年収が高ければ高いほど審査に有利」であったり、会社員であれば「勤続年数が長ければ長いほど審査に有利」であったりします。

このような審査の評価要素は、自身の力でどうこうできる問題ではないので、キャッシングの申し込みの際に、少しでも評価を上げようと虚偽の申告をしたり、あるいはちょっとした粉飾をしたりする人が多くいます。

このようなことを行う人は、「ちょっとぐらい嘘ついても大丈夫」「虚偽の申告をしてもどうせバレないだろう」という考えのもと、このようなことを行っていることでしょう。 実は、虚偽の申告というのは、ほぼ確実にばれてしまいます。

金融業者・貸金業者というのは個人の信用情報について業者間で共有をしており、またこれまでの数々の貸付け経験から非常に鋭い眼力をもっています。

いわば虚偽申告を見抜くプロなのです。

虚偽の申告・粉飾といったものは、キャッシング会社はこれまでに何度も目にしてきており、簡単に見抜くことができます。

具体的にどうやって見抜いているのかといったことはもちろん表に出てくることではありません(表に出てしまったら、審査の意味がなくなってしまいますね)。 とにかく、審査にあたっては、『虚偽の申告をしてはいけない』ということは大鉄則です。

これについては必ず守りましょう。 評価を上げたい、審査に通りたいと思う気持ちはよくわかるのですが、虚偽申告をしてしまうと信用を失い、絶対にお金を貸してくれません。 キャッシングというのは無担保・無保証人で個人の信用に基づいてお金を貸すという金融サービスなので(逆に言えば、個人の信用しか債権を“担保”してくれるものがない)、信用を失う行為をしてしまうのは論外の行為なのです。

貸付を行う側の立場を考えればわかることですが、担保も無い、保証人もいない、となるとその人個人が「本当に信用できるのか」という点にフォーカスされて審査が行われます。

ここでしっかりとした審査を行わなければ、貸し付けを行う側は貸倒れによって損失を被る可能性があるのですから、しっかりと審査しているのです。

これを根底から覆す「虚偽申告」は絶対にNGです。

申請に通るかどうか不安であっても、必ず正直に申告しましょう。また、正直に申告をすることで信用度は上がります。

このようなところもちゃんと見られています。

正直に申告をした方が借入れを行う側にとって確実にプラスであるのです。

正直な申告は、良い事はあっても悪い事は無いのです。

年収や勤続年数といったものは、確かに多ければ多いほど、長ければ長いほど、評価が高いのですが絶対的な評価基準ではありませんし、これだけで審査結果が決まるわけではありませんし、貸付を行う側が審査で何をチェックしようとしているのか、というのは「貸したお金をきちんと返してくれるのか」、この一点です。

そしてそのための返済能力を見るために様々な評価(審査)要素・基準を用意しているのですが、審査結果は総合判断のもとに下されます。

一つ一つの評価要素について過度に心配することがありませんし、基本的にキャッシングは安定収入がある人であれば誰でも利用することができます。

これはパートでもアルバイトでも同じです。

主婦や学生であっても、その身分だけを理由に特別差別されたりすることはありません。



キャッシング審査通過のポイント2  複数のキャッシングに同時申し込みしない!

審査通過のポイントの2つ目として、複数のキャッシングには同時申し込みをしないということが挙げられます。

さらに詳しいキャッシング情報はこちら

キャッシングの同時申込みは「なぜダメなのか?」と不思議に思う人もいるかもしれませんね。以下、詳しくみていきましょう。キャッシングを行う会社は、同業者間で情報を共有しており、複数のキャッシングに申し込みがあればすぐにわかります。

そして、複数社のキャッシングに申し込みをしていることが申込み中のキャッシング会社に伝われば、キャッシング会社としては「この人はよっぽどお金に困っているんだ」と判断し、審査に落とす可能性が非常に高くなります。

このことは絶対に覚えておきましょう。複数のキャッシング会社に申し込みをしたければ、間隔を空けることをお勧めします。

また、これと関連することであるのですが、他社からお金を借り入れている人は審査に落ちやすくなります。

複数のところからお金を借り入れているのであれば、一本化するなどして印象を良くするように努めましょう。お金に困っていると判断されたり、多重債務を抱えていることが知られると、「貸したお金が返ってこないんじゃないか」という心理が働くので、その点を考慮して一本化という施策をとるのは良い対策だと思います。





キャッシング審査通過ポイント3  審査の通りやすいキャッシングを選ぶ!

これは当たり前のことと言えるかもしれませんが、審査が通りやすいキャッシングを選ぶということも非常に大事なことです。

貸付を行う側が一体どのようにして審査を行っているかということや審査基準の内容全部を知ること当然出来ませんし、また、おそらく評価基準とされているであろうことについては、そのほとんどが自身の力でなかなかコントロールしたり変えたりできるものではありません。となってくると、審査に通りやすいキャッシングを選ぶというのは当然の選択です。

では、一体どこのキャッシング会社の審査が通りやすいのでしょうか?これは一般に、大手のキャッシング会社が通りやすいと言われています。

また消費者金融系のキャッシング会社も非常に通りやすいと言われています。

ただ、これらを踏まえても候補はいくつか挙がると思うので、それらの中からどこが審査が通りやすいのか、ということはインターネット上の口コミ評価などを参考にすると良いかもしれません(余談ですが、インターネット上には、オペレーターの対応の良さ・悪さや窓口の係員の対応の良さ・悪さについても、店舗単位で口コミ評価が上げられています。

気になる方は是非チェックしてみて下さい)。 ただし、基本的には、定職についており、安定収入があればキャッシングの審査は通るものであるため、ここでも過度に気にしすぎることはよくありません。 まずは申し込みをしてみる、審査を受けてみる、ということが大事です。

また、多くのキャッシング会社では、ホームページ上で無料の審査シュミレーションを提供しています。

これをあらかじめ利用しておくことで、自分がこのキャッシング会社の審査に通ることができるのかどうかということについて、おおよその見当をつけることができますよ!



キャッシング審査通過のポイント4  申込書は不備がないように!

これも当たり前のことと言えるかもしれませんが、申込書の記入漏れや、空欄、誤字、脱字等は無いように細心の注意を払いましょう。 実は意外なことに、申込書の記入不備で審査に落ちる人というのは大変多いようなのです。

申込書の記入事項に不備があると、審査ができないということで審査を落とされる場合があるのはもちろんのこと、審査ができるような申込書の不備、例えば誤字・脱字があったりする場合だと、「いい加減な性格」であるとみなされて、「お金にもルーズなのではないか」と判断されたりする場合もあるようです。

こうなってくると、当然に審査に落ちてしまうことになりますよね。 申し込み書がきちんと記入されているか、というところからも、本人の信用が推し量られているということは、是非心に留めておきましょう。 また、汚い字で走り書きをしたりすることもやめましょう。綺麗な字で、丁寧な字で、一字一字丁寧に書く、これも審査通過のための重要なポイントです。

これは某キャッシング会社審査担当者の話なのですが、基本的にキャッシングというものはほとんどの人が審査に通るようにできており(ほとんどの人が本来は審査に通る力を持っており)、これに通らないというのは、本当に些細な理由で「通るものも通らなくなってしまっている」というケースが非常に多いようなのです。

お分かりかと思いますが、おそらくこの中に、申し込み書の不備というケースも多く入っていることが予想されます。

細かなテクニックの話になってくるのですが、オンライン申込みを使えば、手書きの申込書での誤字等を防げる場合があるので、オススメです。